FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋ごころ レビュー



RaM(Radical and Maximize)が2000に送りだした作品
これもノベル読んで買いました

ネタバレ部は同化させてありますので見たい方は反転で

以下共通ルート感想
ギャグ多め、非常に軽快です
主人公が若干いじられる立場にありますが
導士の修行ではしっかり上に立つ人としての実力と心を兼ね備えており、
"できるキャラ"としては十分すぎました

以下各ヒロインルートの感想
リリカ
初見一番のお気に入り
復讐のために強くなろうとしていましたが少年との出会いで守る強さを知っていく過程はよかったです

シアン
西の災厄に操られていたことがわかってからの彼女自身のケジメのつけかた
ただ乗り越えていくのではなくこの描写1つ入る入らないは大きいですね
もっとも、肝心な"どうして自我を保てたのか"は曖昧なままでしたが・・・


フェイユン
日常のギャグ要素強めなところは個別に入ってシリアスを入れてきても継続でした
全体の中で一番軽い印象が残りました
奥義結局見れませんでしたね(´-`)

ルゥ
19歳ですか、驚きです
シーンがなかったのは残念ですが、なくてもなんとかなる展開のストーリーをプレイしたのは初めてでした
転生して幸せになるような"現世ではないところでハッピーエンドを迎える"って流行ったんですかね?
悪くはないと思います、むしろ過程や対立などとても細かく描かれていました


シャオ
ルゥENDの後に攻略可能
ルゥの死後にシャオの描写が入ることから何らかの関連があるんじゃないかと予想はしていましたが
分離したもう一つのルゥだということは考えてませんでしたね


グラフィック感想
特にルゥですが、極端に目が大きい昔の絵なのでパッケを見てちょっと・・・と思った方はご注意を
しかし背景のキレイさは素晴らしいです

BGM/OP感想
歌つきの楽曲はどれも場面とのマッチもよかったです
BGMも舞台が日本でないところをイメージしているからか、普段のゲームとは違った感じでした

システム感想
AVG32も2000年版だとかなり扱いやすいですね
スキップは軽いですが古いシステムのためセーブ箇所は少なめ
ゲームそのものの選択肢が難解であること
某ラバーゲーのようにエンディング回想がないことから限られたリソースを効率よく使わないと簡単に埋まってしまいます
また、これは互換性によるものかもしれませんが
動画やモーション(術の発動など)の読み込みのところで長い時間がかかってしまい、プレイに支障がでることも
バグ落ちはありませんでしたが互換性にはご注意を

以下総合評価
ストーリー 17/20 (とても純愛でした)
キャラクター 15/20
グラフィック 13/20 (景色が美しい)
音楽 14/20
システム 11/20
コストパフォーマンス+ 115% (世界観含めなかなかこういったものはないでしょう)

計 (17+15+13+14+11)× 1.15 = 81

以上でレビュー終了です
スポンサーサイト
[PR]

Deep Voice レビュー

Demo
ApRicoTの処女作
ノベルから入りました

ネタバレ部は同化させてありますので見たい方は反転で

以下共通ルート感想
いきなり知らない病院に担ぎ込まれ、事情を説明してもらい・・・
の前にまずStartを押した後の檜が怖い
デモにもありましたが生きた心地のしない子がぽつんと暗い無機質な通路に佇む
これがあることで少なくとも開始の時点でヤバいというのは十分伝わるかと

以下各ヒロインルートの感想

無事くるみちゃんを救出するとこのエンド
最後まで葵はどういう感じかつかめませんでしたね
主人公にめちゃくちゃなお願いはするし、やらかしたらメッタ刺し
・・・情緒不安定なメンヘラとしては非常に良い出来だったと思います


碧(シオリ)
ホンモノの娘ではないと判明、それでもいいと受け入れればこのエンド
全体的に尽くすイメージが強かったですね
彼女の場合"依り代を失って宙に浮いた状態"が元であったため、尽くすことで誰かに縋っていたのでしょう


檜(ミドリ)
こちらがホンモノの娘さん
狂気と化したパパに弄ばれそうになるところで自我を取り戻しハッピーエンド
・・・と素直に言うことはできませんね
そもそもこの一連の流れが主人公自身を引き金としていたこともあり、それに対する贖罪を意識させるエンドとなってました
この後、2人が本当に幸せとなれたかは・・・わかりません


サブ(せんせい、院長、亜紀さん、くるみちゃん、柳先生)
せんせい:
いくつもの人格を備えたスーパー狂人
キャラ設定は素晴らしかったですがぼそぼそとしゃべるボイスがもうちょっと聞き取れたらよかった・・・

院長:
人柄のよさそうな姿からミドリENDでは注射器片手に大変身
ミドリへの対応を見ていると妻の死に全く関わっていない、というわけでもなさそうですね

亜紀さん:
個別のENDはありませんが選択肢次第で救出時に一緒に出ることができます
ある意味彼女がはじめから終わりまでいちばんまともだったのでは?

くるみちゃん:
ベッドでお話しているときのくるみちゃんはどこにでもいそうな女の子でしたが
"声"による回想や地下室でのシーンを見ると
絶叫、笑い、その至る所に狂気が見えます
声優さんうまいなぁ・・・と思ったら暁の護衛の麗華といっしょでした

柳先生:
精神に対する考察、実験はお見事
彼女自身についてどうなったかが不明であることや
全てを知っているかのような言動(チェスの駒)
ちょっとわからない要素が多いまま終わってしまいましたね


グラフィック感想
今までこれほどグラフィックで印象が変わったものはありませんでした
通常時と変貌時の対比(葵や碧)
院長先生のラスボス感
輝く死体と血の濃い赤
殺されるENDにおけるメッタ刺し葵

挙げればキリがありません

BGM/OP感想
OPはなし(テーマソングはありましたが)
BGMはバイオリンの音が強く残ってます

システム感想
非アクティブ時の動作はなんとかしてほしかったですね
しかしそれを除けばかなり優秀なシステムだったと思います
画面上の"声"をつかむ分岐や目パチ口パチ
デフォルトではメッセージウィンドウの表示がなく本当にしゃべっているように見える形となってました
他だと初めて地下室の書斎に入った時の院長先生の演出など
通常会話でもワンポイント入れてくるところが好印象です

以下総合評価
ストーリー 12/20 (謎解き、とするにはちょっとわかりやすい)
キャラクター 17/20 (メインサブ主人公みんな狂います)
グラフィック 18/20 (絵で魅せる狂気)
音楽 13/20
システム 13/20 (非アクティブで止まってくれればもっと高評価)
コストパフォーマンス+ 110%

計 (12+17+18+13+13)× 1.1 = 80 (夜にやるものではなかったですね)

以上でレビュー終了です

12月23/24日 購入品目

23日
ゲーム
セイレムの魔女たち (rúf) ¥1479

24日
ゲーム
好き好き大好き! (13cm) ¥7020

好き好き大好き! レビュー


クリスマス直前に7000円で購入
メガストア版の影響でしょうか、だいぶ安く買うことができました

ネタバレ部は同化させてありますので見たい方は反転で

以下共通ルート感想
全体を通し、主人公の思考は好きになった女の子とどう付き合っていけばいいかで頭を悩ませる
大変青春な感じとなっております
そう、前提として「監禁している」というものがなければの話ですが
ところどころ自信が持てない故に逃げてしまうこと、押し通してしまうこと、後悔すること
そのどれもが不慣れな恋愛感情をよく表していたと思います
ゴムへの愛も過程、箇所など丁寧でした
管理に関してもしっかりとした記述があり、コレクターとしても十分な知識を持っていることが
わかります
異常なくらいしっかりしたテキストで驚かされました


以下各エンディングの感想
ED1「蒲乃菜、ラバーフェチに
イリーガルな方にイリーガルなものをバラされてしまいました
どう見ても(?)主人公の準備不足でしょう、こんな簡単に楽園に入られてはそりゃ崩壊もします


ED2「蒲乃菜、帰宅
普通のゲームならまた再会して終わり、としてたんでしょうがさすがSSD、しっかり逮捕されました
このエンドに関してはいろいろ思うところはありますが、
"二人の愛を阻む親という名の障害物"とするには土台がまず監禁ありきですのでそうも言えず
やっちゃったら返ってくるんだよと言うある意味まともなエンドでしたね
憧れの彼かと言われて否定する姿は印象に残りました


ED3「蒲乃菜死亡
イったみるくにラバーの彼女が殺されてしまいます
が、その後の行動によって見事逮捕を免れ、幸せな日々
・・・いやー、バラバラになった蒲乃菜の体とセックスしてるのには驚かされました
あんなきれいにバラバラになるものなんでしょうか?
また、エンドの時点で"ぼくにしか見えない"と言っていたつぎはぎの蒲乃菜は実在しないのか?
実在していたならなぜ持ちこめたのか?それによっても受け取り方が変わってくる気がします
なんにせよ、彼が現実を理解することを諦め、ある意味"約束された空間"の中で生きることに
絶望していないのであれば、ハッピーエンドに見えなくもないと思います


ED4「みるく死亡
歩道橋から落ちる程ハデにやったんですか・・・
もうちょっと周りをしっかり見ておけば・・・あれ、そういうところはED1にも通じますね
逮捕した後は一生妄想の中なんでしょうか?変な力がかからなければ彼は幸せなままかもしれませんね


ED5「渡、事故死
最後に一つ、偶然にも鍵が下水へ消えました
蒲乃菜の絶望がどれほどだったか、と言うよりもこの時点で既に1週間以上経過しており
そうしたところよりもっとほかのところに気が向いてしまっているほど逸脱してしまっていたんですかね?


ED6「みるくに殺される
彼女の独占欲をヘタに刺激してしまいましたね
もともとみるく自身が主人公だけに縋っている感じはあったので、唯一の依り代を守ろうとしたのでしょう


ED7「渡・瑠香・莉果死亡
他の√とちょっとターゲットも終わり方も異なってましたね
ここでは主人公の"過去"がポイント、途中は比較的ライバル有の純愛っぽく進みます
・・・が、本当にいろいろなズレが生じて三角関係は3つの死体を生んでしまいました
ここでは男でない男になりたかったであろう瑠香の心情を探る描写が細かったところがポイント
感情が表に出やすい子供心でも理由を探るのは大変そうです


ED8「みるくに監禁される
まんま蒲乃菜に対してやっていたことをやられましたね
拘束されたところで終わっていたのでその後に関してはあまり読めませんが
どの程度の扱いだったのか気になりますね
ここで共通序盤の蒲乃菜との扱いとの対比をさせることができたら面白かったかもしれません


ED9「みるくを飼う
蒲乃菜の死によって空いた穴を必死に埋めようとするみるく
その過程で主人公が気付いた"自らの心の弱さによる不信感"
今後が全く見えない展開を彼自身も自覚していますが、それでも彼はその道を選びました


ED10「蒲乃菜とみるくを飼う
他の女がいてもいいからと自ら進んでペットになったエンド
犬を2匹飼うってこんな感じなんでしょうか、通じるものがありそうです
8の拘束エンドとの違いはラバーフェチを告白するかどうか
やっぱりちゃんと言うもの言っとかないとすっきり収まらないんすかね?(収まってるかは謎ですが)


ED11「あの時をもう一度
螺旋回廊で言うとこのEDEN出てこなかったVerです
こっちでは終始まともな渡くんでした
1~10との違いはホームに飛び出していたかどうか
本当にそれだけの違いで進んでいく方向は大きく異なってしまいました
ボタンのかけ違いって恐ろしいですね


グラフィック感想
やはり1998年のものなため、陰影は濃い感じです
極端に大きいなどの特徴はありませんが好き嫌いは分かれると思います
みるくはどうみても首にコルセット

BGM/OP感想
BGMはギターの哀愁漂うサウンド中心
凌辱シーン以外のBGMはテンポもゆっくりしていて似ているように聞こえるかも?

システム感想
(1)バックログなし
(2)セーブ箇所20未満
(3)エンターキーでメッセ進められない
(4)CG閲覧モードはクリックで1枚1枚めくっていく形式
特に3が気になりました、意外とエンターが使えないと不便になりますね
4は何度も見返したいときにはつらいかもしれません
しかしエンディング回想があったのはプラスですね
そういう意味では若干マイナスくらいかなと

以下総合評価
ストーリー 19/20 (丁寧に描かれた変化する過程)
キャラクター 16/20 (渡くんの初々しさで+)
グラフィック 7/20 (CGとのギャップも・・・)
音楽 8/20 (ボツBGM入れてくれても)
システム 10/20 (古いので仕方なし)
コストパフォーマンス+ 120% (同じ方向のはもう出ないでしょう)

計 (19+16+7+8+10)× 1.2 = 72 (メガストア版ならシステムが足を引っ張らないしおすすめかも?)

以上でレビュー終了です

(2015年5月21日追記)
ゲーム内に登場する渡、みるく、瑠香の3人はどれもあまりにもまっすぐ一人の人を好きになります
しかしそれは周囲、あるいは相手からしても異常だと思われるほどです
瑠香について定かではありませんが、渡とみるくについては
外部との接触が薄かったということが考えられ、これが想いの一途さをさらに助長したのではないかと
もってくることもできそうです
これに限ったことではありませんが、周囲となかなか合わない性癖、趣向(渡の場合ラバーフェチ)を持っている方は
その矛先を向ける先が見つからず溜めてしまいがちです
また、それにより交友関係なども減ってしまいますので誰もそれを止められません (気づいて止められるかどうかは不明ですが)
とにかく人を孤立させると何するかわからない、ましてそれを当人はまっすぐ持っているため
その行動に何の疑いも持たないしそれを何としてもやろうとする
ということが伝わってきました

Last Order レビュー



ネタバレ部は同化させてありますので見たい方は反転で

以下共通ルート感想
ただの抜きゲー?だと思ってました
確かに場所を選んでシーンを増やしていくところはそうかもしれません

一日の終わりなどにきちんと"次に進む"過程がありました
どう心情が変化していくか?非常に丁寧だったと思います
またヒロイン(春菜)視点による描写、描かれていなかった部分での春菜個人の葛藤
こちらも合わせることで不明な点はいくつか埋まっていきました
螺旋回廊でもありましたがこのあるなしは非常に大きな役割を果たしますね


グラフィック感想
割と普通かな?と思ってましたがどうやら人を選ぶようです
古いゲームなのである程度は仕方ないかもしれません

BGM/OP感想
買ってからAbyssの良さを知りました
静/動のはっきりしたBGMも場面ごとの切迫した部分などを盛り上げていてプラスです

システム感想
マップ選択+選択肢という形
ですがマップにどのヒロインがいるかがなかったので攻略は大変そうに感じました
全体的に選択肢が多めに感じたのも難解な分岐にさせているのでは?

以下総合評価
ストーリー 16/20 (難しめなストーリーに嫌悪感がなければ)
キャラクター 13/20
グラフィック 12/20
音楽 14/20
システム 13/20
コストパフォーマンス+ 110%

計 (16+13+12+14+13)× 1.1 = 75

以上でレビューを終了させていただきます

すくみず ~フェチ☆になるもんっ!~ レビュー



ネタバレ部は同化させてありますので見たい方は反転で

ストーリー感想
多少の強引な要素はおいといて
主人公がもともとかなりのステータス持ち、というのはありがち
少なくとも不快感はなかったですね
重みもちょっとだけ
√によってはそこそこ長引きますがそこはフェチゲー、しっかりまとまります


グラフィック感想
スク水ゲーとして種類等にこだわったところは見られますが
もうちょっとキラキラさせてもよかったかなぁ・・・と
某メーカーがそこらへんめっちゃ気合入れてたはずなのでつい比較しちゃいます

BGM/OP感想
もともとフェチゲーなので
BGMやOP/EDがネタ路線なのは定番
ブルセラショップのBGMは気合入ってましたね

システム感想
スキップ軽快、セーブ空き十分
プレイするうえで必要なものはしっかり整ってました
演出は古いゲームなので・・・

以下総合評価
ストーリー 11/20 (やっぱり最後はすっきり終わらないと)
キャラクター 14/20 (委員長は設定がよかったかな?)
グラフィック 13/20
音楽 14/20 (挿入歌で+2)
システム 13/20 (バグもなし、快適でした)
コストパフォーマンス+ 100% (ありがちジャンルなので特にこれ!というほどでは)

計 (11+14+13+14+13)× 1.0 = 65(買って損はしませんでしたが、得も・・・)

以上でレビューを終了させていただきます

てのひらを、たいように レビュー


ネタバレ部は同化させてありますので見たい方は反転で

以下ストーリー感想
謎の女の子と街に隠された生贄の歴史を紐解くお話
異端に対する大人の汚い集団排除思想はもうひと押し欲しかったですね
特に先生の場合は身内に被害が出ている(直接的にかかわったわけではないですが)ということもあり
純粋な悪役ではなかったかなぁと
最後すっきり終わらせるならやっぱり妹さんどうなったかほしかったですね


グラフィック感想
全体的に薄い(軽い)イメージ
キャラも比較的小さめなイメージでしたが
そういったものがかえって落ち着いた感じを与えていました

BGM/OP感想
特にコメントなし。

システム感想
おそらく吉里吉里
セーブはギリギリ足りましたが
スキップよりエンター押しっぱなしが速いのはもはやお約束

以下総合評価
ストーリー 14/20
キャラクター 14/20
グラフィック 13/20
音楽 10/20
システム 11/20
コストパフォーマンス+ 105%

計 (14+14+13+10+11)× 1.05 = 65

以上でレビューを終了させていただきます

11月30日 購入品目

ゲーム
Vie -いつかの夏の日。 (Sweet Basil) ¥185
Deep Voice (ApRicoT) ¥1047
CCホスピタル (Spirit Speak) ¥1047
TOPへ戻る
下記リンクをクリック
TOPへ戻る
プロフィール

Climina

Author:Climina
@climina1019
Gamemeter
erogamescape

検索フォーム
リンク
今後のモチベのためにも
簡単にバナー作ってみました
リンク先は
"http://slavtgr.blog.fc2.com/"
でお願いします



お世話になっている方
あきいろのへや
あんこい荘
武村さんと趣味の空間
ほろちんerg日誌

メーカーリンク
13cm Website 130cm Website Acaciasoft Website Active Website アクトレス AngelSmile Website ApRicoT Website Art Website 「ゴア・スクリーミング・ショウ」応援中! Cadath Website CALIGULA Website CDPA Website CRAFTWORK Website digi ANIME Corporation Website イージーオー Website ETOILE Website FAVORITE Website GA-BANG Website GROOVER Website Lilac Soft Website 【STEP×STEADY】応援バナー MBS TRUTH Website Meteor Website mirage Website Palette dark side Website RaM Website rouge Website Runesoft Website S.M.L Website SPIEL Website Spirit Speak Website スターリンク「ひとゆめ」 4月27日発売! Studio Mebius Website Studio Ring Website UNDEAD Website valhalla Website ANKH Website かすたーど Website すたじおみりす Website ちぇりーそふと Website ぱてぃしえ Website はむはむソフト|アダルトゲームソフトブランド mu Website ルピナス Website ファンサイトリンク
各種情報取り扱いサイト 町のチラシ屋さん
ゲームメーター
Climinaの最近やったゲーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。