FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアライズ レビュー



ネタバレ部は同化させてあります

以下ストーリー感想
個別というよりほぼ一本道
ですが、読みやすく重々しい話でした

"エゴ"が主題となっていますが
リアライズのように具現化していなくとも
現実世界において"エゴ"は個人の内に存在し、力によってぶつかります
敗れた方の精神(自身を支えていたエゴ)が崩壊するところまでリアリティがあります
まさに現実で若者がぶつけ合う"力"そのものですね

若いうちは自分はこうだ、という自我が強く他人とそれが顕著にぶつかります
その際決着は多くの場合何らかの"力"の強弱によってつけられ、取り返しがつかなくなることもあります
また、この"力"を持つ者が持たない者を力量差によって
駆逐や洗脳を行うなどといったゲーム中の描写はそのまま現実世界へ投影できそうです

八重のような"受け入れる"という選択に至るまで彼女は何を見てきたのでしょうか?
修二が自らそうしようとしたきっかけはどのようなものだったんでしょうか?
(PC版しかプレイしていないためPS2版でどうなったかわかりません)
そうしたものの不透明さに加え
最後の終わり方が唐突だったことも驚いたポイント
ただ、最後に関しては
あえて現実に投影しやすいこのストーリーに明確な結末を設けず
この状況がどう進んでいくのかをプレイヤー側に広く考えさせるために
あえてそうしたのではないかと思ってまs

ここからは特に印象的だなと思ったことをいくつか
(1)亮の揺れ動き方
何の前触れもなく力を与えられた亮が何を信念として、どのように振る舞うか
それを決めるための"モノサシ"が八重や修二、蛍などの間でフラフラする様子は重みがありました
はじめは力を持っていた八重の言葉をそのまま受け止めていますが
その後修二が違う考えを持っていることや
蛍の回答
さらに春秋の介入によって"亮"自身がどうあるかを問われていく過程は丁寧でした
悩む描写が多い、と捉える人もいたようですが
ぼくは青春真っ盛りな若者として特に変な感じはしませんでした

(2)聡子、奈緒美の振る舞い
ゲーム序盤で八重のエゴに触れ、それにすっかり心酔(洗脳)されて手足となって動いていた2人
"○○は絶対だ、それを邪魔するものは排除する"
という一貫したそのスタイルはどこぞにいそうな異常なまでに宗教に固執する過激派の方々に似てるなと思いました
やはりどんなによさそうなものでもそれを強要する形はよいものではありませんね


グラフィック感想
キャラデザはLeafでおなじみの水無月先生
八重の立ち絵はパッケージを手に取った時から"可愛い"とは違った印象でした
全体的にも倫や蛍が"可愛い"一方で
沙耶のように"何もない"表情も描かれており
キャラごとの個性の差が際立っていました

BGM/OP感想
ボーカル曲はなし
ですが戦闘シーンなどの曲をはじめとした
BGMとしての良曲はいくつかあります

システム感想
セーブが20箇所しかない点以外は文句なし
特にスキップの速さは何周もする部分で大変助かりました
ちょっと速すぎて通り過ぎてしまうところもいくつかありましたが・・・

バックログは画面いっぱいではなくメッセごとにたどる形式
ちょっと流れを見返したい時には面倒に感じるかもしれません

以下総合評価
ストーリー 15/20
キャラクター 18/20 (攻略対象、とかそういうのではなく濃い面々が多かったです)
グラフィック 13/20
音楽 11/20
システム 14/20
コストパフォーマンス+ 115% (エンドは人を選びそうです)

計 (15+18+13+11+14)× 1.15 = 82

以上でレビュー終了です
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

Private Nurse レビュー



ネタバレ部は同化させてあります

以下ストーリー感想
メインテーマが"癒し"なだけあってキャラクターにもその要素が色濃く表れていました
プライベートナースの"まりあ"は言うまでもなし
彩乃はちょっと強引なところもあるけど気遣いの絶えないキャラ

おそらく、プレイ時の状態が大きく関わってくると思います
周りからもっと気遣ってもらいたいなあなんて思ってる人にはプラスかもしれません

全体として主人公に後ろ向きな言動が目立ちますが
それが終盤に向かうにつれて徐々に前を向いていく過程は丁寧でした
少々日数的にも長く感じましたが、1日1日のイベントはそこまで多くなく
むしろまりあ後半ルートを入れるだけの余裕はあったのかと驚きました


グラフィック感想
原画は根須魂介先生
当時のゲームのキャラ絵としてはアニメに近い?印象を受けました
全体的に彩乃がかわいかったかなと思います
ペラペラ、イトメの立ち絵も好きです

BGM/OP感想
ヒーリング主体の落ち着いた曲が多め
ゆったりよりもさらに流れるような感じです
ボーカル曲は思い出を振り返るようなバラード
眠くなるかもしれませんが
そのくらい落ち着いた雰囲気のものです

システム感想
マイナスポイントでありプラスポイントでもあります

まずマイナスから
(1)メッセージ進行時にマウスクリックしか受け付けない点
今回もカチカチカチカチするハメになりました
エンターキーで進められることがどれだけ楽か毎度実感します
(2)セーブが独特な点
一般的なゲームですとセーブ時の記憶箇所は"まさにセーブしたところ" (わかりづらくてごめんなさい)
となりますが
このゲームの場合"その日の初め"にのみ設けられております
例を挙げて説明しますと
2日目のどのシーンでセーブしても
ロードすれば全て2日目の開始箇所から始まるということです
選択肢ごとのセーブが出来ないので分岐処理が面倒でした(特にじゃんけんの勝敗)
(3)セーブ箇所が少ない
前述の通り大変面倒なセーブシステムとなっているのですが
そのスロット数も30とあまり多くありません
イベントごとにセーブをする方の場合注意が必要です
(4)"コミックディスプ"演出が飛ばせない
このゲームの試みとして取り入れられていた"コミックディスプ"
中身については後述しますが
これをカットできないのは少々面倒に感じました
クリックしないと進まない、ということはないのですが
ゆったりとした進行なため重複して通ったりするとまだかなあと思うことも何度か
(5)メッセージウィンドウが独立して動く
ゲーム画面をドラッグして移動しても
メッセージウインドウは一緒についてきてくれません
自由な場所に配置できそうだなとも思ったのですが
そもそもウィンドウのあった場所まで背景やキャラの立ち絵があるわけでもなく
後に残るのはただの真っ黒い長方形だったので
なんとも言えない気分になります
(6)回想シーンがランダム
シーンが埋まりません
スキップできると思っても新シーンでできなかったりして結構面倒でした

他にも
・バックログがない
という点がありましたが、そこまで気にならなかったため省略します

ここからはプラスポイントについて
(1)"コミックディスプ"
先ほど演出が飛ばせないとマイナスに挙げた"コミックディスプ"ですが
その試み自体は評価できると思います
最近のゲームだと
複数枚のSDを使って初デートで廻った場所を1つの画面の中に並べる、という感じに似てます
しかし、そうしたSD絵の与える"快活さ"とは対照的に
こちらの場合"切なさ"が前面に出てきます
表示される文字も読みやすく、音声の被りも問題なかったため
興味を引かれました

以下総合評価
ストーリー 17/20 (ちょっと長く感じるかもしれませんが)
キャラクター 17/20
グラフィック 15/20
音楽 12/20
システム 5/20
コストパフォーマンス+ 115% (癒し系を前面に押し出した作品はそうないのでは?)

計 (17+17+15+12+5)× 1.15 = 76

以上でレビュー終了です

あると レビュー


朝飯感覚エロゲシリーズ (勝手に命名)

ネタバレ部は同化させてあります

以下ストーリー感想
"アルバイト"を念頭に置いた珍しい作品
似たような設定だと"ラブラブル"が挙げられるでしょうか?
しかし一方でラブラブルとは異なり"妹"や"転校生"はおらず
また、学内でのイベントもルートによっては多く発生します

この"バイト+学園生活"のバランスという点であるとは非常に優れてまして
"学園での仕事がバイトに影響する"とか
"バイトの疲れが~"とか
そういうところをイベントとしてきっちり用意しているところがプラスでした
ヒロインによってウェイトは少々変わりますが
"無理のない両立"という大変学生らしい答えは見事だったと思います

ルートを通してメインヒロインの関わり方が濃いのも特徴
終盤まで攻略対象ヒロインが励ましたりするので
"2人だけでの世界"というものばかりではなくなり"友情"を感じさせます
更にお決まりと言われるようなイベント(ポロリとか)はなく
当初の設定に少々のご都合感はあれど
プレイ中に強烈なほどにそれを感じることはありませんでした
(だから"朝飯感覚エロゲ"だと思うのですが)


グラフィック感想
原画は岩崎先生
同年の他のゲームと比べ丸めの立ち絵が印象的です
表情も柔らかいので特に抵抗なくプレイできました

BGM/OP感想
OP/EDは当時のパープルらしくしっかり決めてきます
BGMはゲームに合わせポップメインの軽いものが多いです

システム感想
セーブスロットが100以上
スキップも未読/既読判定及び判定そのものの有無が変更可能
コマンド類は右下にまとまっていて操作に不満はなし
この辺はさすがとしか言いようがありません

以下総合評価
ストーリー 14/20
キャラクター 15/20
グラフィック 15/20
音楽 13/20
システム 16/20
コストパフォーマンス+ 110%

計 (14+15+15+13+16)× 1.05 = 80

以上でレビュー終了です
TOPへ戻る
下記リンクをクリック
TOPへ戻る
プロフィール

Climina

Author:Climina
@climina1019
Gamemeter
erogamescape

検索フォーム
リンク
今後のモチベのためにも
簡単にバナー作ってみました
リンク先は
"http://slavtgr.blog.fc2.com/"
でお願いします



お世話になっている方
あきいろのへや
あんこい荘
武村さんと趣味の空間
ほろちんerg日誌

メーカーリンク
13cm Website 130cm Website Acaciasoft Website Active Website アクトレス AngelSmile Website ApRicoT Website Art Website 「ゴア・スクリーミング・ショウ」応援中! Cadath Website CALIGULA Website CDPA Website CRAFTWORK Website digi ANIME Corporation Website イージーオー Website ETOILE Website FAVORITE Website GA-BANG Website GROOVER Website Lilac Soft Website 【STEP×STEADY】応援バナー MBS TRUTH Website Meteor Website mirage Website Palette dark side Website RaM Website rouge Website Runesoft Website S.M.L Website SPIEL Website Spirit Speak Website スターリンク「ひとゆめ」 4月27日発売! Studio Mebius Website Studio Ring Website UNDEAD Website valhalla Website ANKH Website かすたーど Website すたじおみりす Website ちぇりーそふと Website ぱてぃしえ Website はむはむソフト|アダルトゲームソフトブランド mu Website ルピナス Website ファンサイトリンク
各種情報取り扱いサイト 町のチラシ屋さん
ゲームメーター
Climinaの最近やったゲーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。