FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

崩壊序曲 レビュー


ネタバレ部は同化させてあります

以下ストーリー感想
セミナーに唆されて堕ちていく若い男女を追った作品
といえばそれまでですが
ここには近しい人間関係ですら対応できなかった深い心の傷に対する
周囲及び自身のアプローチの仕方について考えさせられる作品だったでしょう

ひとまず各EDについて簡単に
(1)刺される
もともとの深雪の目的が"孝広にもっと喜んでもらう"だったため、この時点でその目的が意味をなくしてしまっています
そこから向かう先となれば、しがみつくことも十分考えられますね
ただこの展開は途中でなんとなく結末として読めてしまうため、少々ありきたりかな?とも思いました

(2)公開レズ
新たに犠牲者を2人増やすエンド
ここでは晴彦の性格に大きな変化が見られました
失って気づく存在の大きさ、というテーマはこうしたゲームに限らず様々なところで見かけることになりますが
ここで晴彦のその後をそこそこしっかり書いていたところは高評価です
・・・ところで孝広くんはおそらく放置ですかね?

(3)Like a Beast
"くうねるあそぶ"ではなく"くうねるおなる"エンド
解放時の深雪は完全に獣と化していてここまで変わるのかと驚かされました
こちらのバックに関するストーリーはないですが
あの選択肢でどうしてこうも変わるのか、というところがちょっと気になります

(4)一人でダイブ
封印されていた記憶を一気に解放した一言は気になりますね
真実に耐え切れなくなって飛ぶ、というそこそこありがちな終幕に
いかにもHAPPYのような前提を持ってくる (ちょっと螺旋回廊2のグランドEDっぽかったです)
見事でした

(5)TRUE?
(4)とは異なり2人で心中
主人公の積み重ねてきた2年がどういったものだったのか、
その過程がもう少しはっきりしていればこの決断の重さもより増したのではないかと思うとちょっと残念
愛しているけど素直に愛せないことが苦痛、というのはある種の"介護疲れ"にも見えました
残された3人はこの決断をどう受け止めたのでしょうか?
特に沙織は自立できていたかどうか微妙なのでそこんとこもちょっとあれば
次の崩壊の幕開けが見れたかもしれませんね


"自己の尊重"について
今回多くのトラブルとなった自己啓発(自己開発)セミナー"自己の尊重"
プレイ開始時はどう価値観をズラしてくれるだろうかと大いに期待していました
実際深雪やみさきの変貌を見ると間違いなく効果はあったのですが
トレーナーがあくまで"悪役" (純粋にズラそうとしているように見えず悪意がチラチラ見える)
であったことがちょっと残念
キャラ的に"私も救われた"と言っていた真巳子が純粋に堕とすのを期待していましたが・・・
エンド(4)の最後の公園のシーンを見る限り本心ではなかったんじゃないかなぁという感じで終わってしまいました
全体的に中途半端でなければもっとのめり込めていたと思います


深雪を止めることはできなかったのか
そもそも深雪が"自己の尊重"に足を運ばなければ起こらなかった事態
では、深雪を止めるためにできたことはどのようなものだったでしょうか
まず孝広
もともと他人から始まった関係ですし日も浅いことから踏み込むのをためらってしまうところは仕方ないですね
唯一挙げるとすれば肝心な時に深雪からの連絡に応じなかったということになりそうですが
完全に予測するのは難しいですし本来なら"ちょっとしたズレ"で済んでしまうことのため
孝広の要因はあまり大きくなさそうです
次に晴彦
信号で見かけた時に~というシーンがありましたが、それはあくまで直接的なもの
そもそもそこに到達する前にストップをかけることがベターでしょうし晴彦も大きくなさそうですね
で、沙織
晴彦との会話では本気で心配しているようなことを仄めかすセリフがいくつかありましたが
そこは面と向かって素直になれよと
ある程度深雪を追い詰める要因として沙織の言動があったことは十分考えられるのではないかと思います

ここまでをまとめると一番近いところにいた沙織の言動かなという気もするのですが
家族関係が微妙であることも考慮すると
それらを育むのに十分な"大人"が欠けていたということがより後ろの背景として考えられそうです
で、この家族関係は当人でどうにかできるものでもありません
したがって、他者が深雪のストッパーとして活きたという可能性は低そうです

では当人の場合は?
深雪の持つ様々な過去やコンプレックスを深雪が克服すれば~ということも考えられますが
余程の人でない限りこれは無理でしょう、そう簡単に乗り越えられるものではありません

まとめますと、ほぼ不可能です
回避するには相応の"世界(視野)の広さ"を持つことが求められますが
若い男女にそれを要求するのも難しいです

ところで、フォロワーに言われて気が付いた未成年飲酒の描写についてですが
あれは"孝広は割と場の雰囲気にノっちゃう感じでそこまで自身の根を深く張れていない"
ということの暗示なのでしょうか?気になります


グラフィック感想
原画は相川先生
クライミライの原画でもおなじみの方
深雪や真巳子の大人っぽい感じや逆にみさきの幼い印象はしっかりしています
ただ、登場するキャラの年齢に幅がそこまでないので全体的に似たように見えるかもしれません

BGM/OP感想
OP曲はなし
BGMはピアノ中心でシリアスな場面では光りますが
焦りがちょっと足りなかったかなという感じです

システム感想
セーブ40(1つオートセーブスロットのため実質39)はChapterの個数を考えると少々少なめ
スキップ速度に不満はなし
未読スキップ停止機能の代わりに既読を自動スキップさせれば読み逃しもなくなるかと
バックログがホイールで出せればよりよかったのですがそこは古いということもあり妥協
(スクロール系だったのは嬉しいですね)

プレイ時に一部環境でメッセージが上書きされて残ってしまう不具合が発生する恐れがあります
参考スクリーンショット (通常画面)
参考スクリーンショット (バックログ)
修正ファイルも出ていないのでそこは我慢するしかなさそうです・・・

TRUEの最後だけノベルゲームのように画面にメッセージを流すようにしてあえて差異をつけたのはお見事
終局に向かっている、ということを強調するいい演出でした

以下総合評価
ストーリー 18/20 (現実味もあって入り込みやすい作品です)
キャラクター 18/20 (メインキャラの揺れ具合は素晴らしい)
グラフィック 14/20 (ところどころ狂気やエロさが光ります)
音楽 12/20 (ピアノだけ、というのは単調だったかも)
システム 14/20 (意外と整っていてびっくり)
コストパフォーマンス+ 120% (セミナー系でここまでやる作品はそうそうないのでは?)

計 (18+18+14+12+14)× 1.2 = 91 (欲を言うなら2年のブランクをもっと丁寧に積んでほしかったです)

以上でレビュー終了です
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

Areas ~空に映すキミとのセカイ~ レビュー



ネタバレ部は同化させてあります

以下ストーリー感想
序盤から重めの展開を持ってきますが
正直とってつけただけのスパイス程度のものでなくても十分ストーリーは機能したはず
こうした"重大な秘密"というのは"バレたら大変"だからこそストーリー上で意味を持ってくるはずですが
明かしても割とすんなり受け入れられてたりするので必要なかったかも
また〆の展開は初めからせつ子になんとかしてもらえばよかっただけでそこまでの過程が台無し
危機的状況からの脱却で誰も欠けていないところがご都合主義感をさらに強くしています
逆にアリアスの背景を提示してその限られた内部でどのように人間が生きているか、のみにスポットを当てても
それはそれで面白かったんじゃないかなあという気がします

キャラの個別に関しては特に重い要素なし
イベントも純愛ゲームとしては十分な数だけ用意されていたかと


グラフィック感想
原画は宮坂みゆ先生
立ち絵が人によって受け付け方が結構異なるようです
気になる方は公式サイト等でいくつか確かめてから検討することをおすすめします

BGM/OP感想
OP/EDはさすがのfripSide
シリアスシーンのBGMはよかったのですがTRUE後半で焦りを増長させるようなBGMがなかったのがちょっと残念です

システム感想
スキップは問題なし
ストーリーの長さに対してセーブ50は少なく感じる人がいるかもしれません
右クリックが全てプルダウンメニューで少々面倒に感じたこと
バックログが1つ1つ表示するタイプで追うのが大変だったところ以外は全く問題なしです

以下総合評価
ストーリー 13/20
キャラクター 13/20
グラフィック 12/20
音楽 15/20
システム 12/20
コストパフォーマンス+ 100%

計 (13+13+12+15+12)× 1.0 = 65

以上でレビュー終了です

ドラクリウス レビュー



ネタバレ部は同化させてあります

以下ストーリー感想
人間だと思ってたら実が違った
土台は作られていたけどほぼ唐突に別な力に目覚める
ザコを倒しながら核心に近づき
最終的には人間との共存か再構成かでラスボスと対立し戦う
似たようなゲームをやった後だからかどうかはわかりませんが展開が同じように感じます
キャラの背景の重さもこのテのゲームではよくあることなので特別に重く感じるというわけでもなし

肝心な戦闘においては珍しいことに主人公はチート級の力でひっくり返すというより打たれっぱなし
バラバラになったり腕なくなったり、などなど
むしろこのゲームの場合そこそこテンポのよい日常パートを楽しむ方がいいかも
少々"下痢"と"ゲロ"が多いですが

あっさりと潤側につくもののベルチェはキャラとして非常にうまい立ち位置
ベルチェルートの派生がなかったのは少々残念
一方リアンは分岐こそあるものの本筋とはだいぶ異なる流れ (最後まで関わってくるキャラをあっさり捕えている等)
しかもEDで様々な本筋のネタバレCGを先に見てしまうことになります
これはよくないですね


グラフィック感想
修などの立ち絵は少々アゴが強すぎる印象を受けるかもしれません
また、リカの立ち絵は荒く見えました
ただ、プレイしていて明らかにやる気を削ぐようなものはないです

BGM/OP感想
OP曲はなし
BGMも特に言及するところはありません

システム感想
セーブは90個、おそらく十分な数です
スキップもしやすくプレイの支障になるようなものはなし

所々で入る演出 (吸血鬼の発見等)はなかなか凝っていて面白い

以下総合評価
ストーリー 13/20
キャラクター 15/20
グラフィック 13/20
音楽 10/20
システム 16/20
コストパフォーマンス+ 100%

計 (13+15+13+10+16)× 1.0 = 67

以上でレビュー終了です

ラムネ レビュー



ネタバレ部は同化させてあります

以下ストーリー感想
普通の積み重ねが作り上げるかけがえのなさ
七海ルートでは喪失と共に放り出されどうにもできないという形で実感しますが
他は結構マイルド
鈴夏のパターンはねこねこお得意のやり方のようですが知らない人は困惑かも
多恵先輩の最後の最後で戻ってくるシーンとかは好きです

おまけのセンスはさすがでした

ネックは個別以外で少々強引なひかりと
七海ルートのスイカの塩のような展開
元々日常のかけがえのなさがテーマではありますが他ルートに比べ極度に重いため
逆に際立ちすぎてしまうような印象がありました


グラフィック感想
原画はあんころもち先生他4名
立ち絵は綺麗ですし何より背景がとてもきれい
雰囲気がよいゲームですね

BGM/OP感想
夏、トロピカル
そういうBGMやOP
まったり中心で夏以外でも雰囲気は十分伝わってきます

システム感想
セーブ個数、スキップは安定
全体の動作も安定しており
画面遷移などの遅さも気になりませんでした

以下総合評価
ストーリー 14/20
キャラクター 14/20
グラフィック 13/20
音楽 12/20
システム 15/20
コストパフォーマンス+ 100%

計 (15+14+14+12+15)× 1.0 = 68

以上でレビュー終了です

AYAKASHI レビュー



ネタバレ部は同化させてあります

以下ストーリー感想
ヒーローものに18禁要素を追加したような感じ、という印象
ストーリーの出来はそこまで悪くありません
主観的にしか見れずアヤカシに呑みこまれる姿や
過去に縛られ葛藤する姿、家族を失った純粋な叫びなど人間らしい描写は多くみられました
また、立ちはだかる側の回想を所々入れることで"ただの悪者"程度に済ませない人間味をプラス
これも某ヒーローものとは違い評価できる点 (もっともこれはあるべきだと思いますが)

ルートの詳細に関しては、織江で変なキセキを使わず終結させたところや
各キャラごとにラストシーンの戦い方をしっかり変えてきたところがプラス
一方、陽愛ルートでは最初からリーサルウェポンと化し何物も抗いがたい存在であった点が残念
パムは個別で人間的な成長が一番見られたかと

全体的には演出の良さもあってかかなり楽しめる作品だと思います

・"リアライズ"及び"海からくるもの"との比較
AYAKASHI同様に学生が力に目覚め、戦いに巻き込まれていくものとして
リアライズ(PLAYM)や海からくるもの(rouge)があります
これら3作はどれも主人公に特別な力が宿り、力の世界に終わりをもたらすものですが
上記2作に比べるとAYAKASHIは比較的マイルド (モブの死人の数では海からくるものといい勝負ですが)
これは作品が終末的な思想や精神的葛藤前面に出していなかったことが大きそうです
リアライズは突然力に目覚めた主人公が友人を守るために行動するも"何が正しいかわからなくなっていく"作品
海からくるものは"力に目覚めた主人公が終末的思想に寄りつつも希望を見出す"作品でした
これらに比べ、AYAKASHIにはまだ日曜朝のヒーローものの流れが強い印象を受けました


グラフィック感想
原画はTOMA先生他計3名の方々
DEEP VOICEで見られたTOMA先生の儚さや表情の豊かさは健在
戦闘シーンなどもあってかよりキャラに彩りが増していた気がします

BGM/OP感想
OP/ED共にアニメっぽいムービーとよく合っています
戦闘のBGMはやはり緊迫した感じを膨らませてくれました

システム感想
ほぼ文句の付けどころがありません
セーブは200箇所と十分
スキップも速さに問題はなく、処理落ちなどもありません
戦闘の演出はスピード感を増幅させるのにとても効いていましたし
2005年のゲームでここまで整っているのは珍しい方ではないでしょうか

以下総合評価
ストーリー 15/20
キャラクター 15/20
グラフィック 15/20
音楽 12/20
システム 18/20
コストパフォーマンス+110 %

計 (15+15+15+12+18)× 1.1 = 83

以上でレビュー終了です

補足
以前CROSSNET内で公開されていた各キャラクターのショートストーリーはこちら

鈴がうたう日 レビュー

1年以上積んでいた500円シリーズを攻略開始
ネタバレ部は同化させてあります

以下ストーリー感想
予備校生の主人公が自分の道を見つける夏
その過程に"すず"というキャラを与えることで変化を起こす
という流れはプライベートナース (Angelsmile)に似てました
こちらは主人公が病弱から立ち直る過程の代わりに攻略ヒロインが増えています

上記の流れがあるためメインのすずとのお別れはある意味必然、アフターはぼかす必要あったかな?
七海はバックに少々無理やりな設定がありましたがまとまりはよかったかなと
(先っぽ突っ込んで逃げ出す主人公は初めてでしたね・・・)
蛍は親子関係のこじれをその場でなんとかするのではなく時間をかけるという描写にしたところはお見事
一方主人公はまだなんとなく感が残っていたような・・・
サブの2人はほんとにおまけ
特にみつきちゃんはちょっとしたキスシーン以外何もありません
その辺は昔のゲームと割り切ったほうがよさそうです


グラフィック感想
どこかのRPGのパーティーにいそうな立ち絵がいくつか
あと腕がたくましいですね
絵で選ぶという方は気をつけた方がいいかもしれません

BGM/OP感想
OPはないですがBGMは綺麗です
ポップな"しょうりのぽーず"とEDで流れる"しあわせになろうね"がお気に入りです

システム感想
セーブは30箇所とそこそこ
1999年のゲームの割にスキップが大変スムーズで驚きました
また安定性も対象外OS(64bitWindows7)としては上出来 (強制落ち1回, おそらくスキップ不良)
唯一のネックはインストールに少々手間がかかることかと

外付けHDDなどへのインストールで容量をうまく読み取れず失敗することがあります
回避方法は以下に
(1)CDの中身を全てインストール先のフォルダにコピーペースト
(2)"SUZU.EX_"と"DELS.EX_"の拡張子をそれぞれ".EX_"から".EXE"に変更
(3)変更した"SUZU.EXE"でゲームが起動

以下総合評価
ストーリー 15/20
キャラクター 13/20
グラフィック 11/20
音楽 14/20
システム 13/20
コストパフォーマンス+ 110%

計 (15+13+11+14+13)× 1.1 = 73 (分量短め、動作環境緩めなので空いた時間にやるのはアリかも)

以上でレビュー終了です

少女幻想 レビュー

フリーゲーでありながら重く独特な展開で強烈なインパクトを持つ作品


ネタバレ部は同化させてあります

以下ストーリー感想
愛と英雄を中心として進む中で様々な圧力が浮き彫りになります
小学生特有の限度を知らない異端排除
親からの進路に対する強烈な負荷
誠実を失った人間
抑止力とならない教師
等々
この作品では"結局〇〇がないとうまくいかない"というようなものが目立ちましたが
それは現実でも同様
学歴コンプレックス、集団からの孤立
これらは大きな問題として残っています
しかも対処が難しい
一度に多くの人間を動かすだけの力がない限り耐えるや避ける以外の選択肢はあまり有効とは言えないでしょう

英雄についてもう少し触れておきますと
確かに人間として、或いは教師として完全にアウト
背景を知ったところでその事実が揺らぐことはありません
結局どのような背景を持っていてもそのように解釈され、実際に問題となる
そうした現実的な描写は作中にも反映されていたと思います


グラフィック感想
愛の立ち絵が感情に応じて尋常ではない変化を見せるところはお見事
ところどころ挟まる絵からも"狂気"が伝わってきます

BGM/OP感想
OPはなし
BGMはところどころで刺さるような感じでした

システム感想
ここが一番のネック
Ctrlスキップができない
クリックのレスポンスが遅い
セーブスロットが少ない (10)
とプレイするうえで致命的なものが続発
強制終了はありませんでしたがシステムでやる気を左右される方は要注意です


以下総合評価
ストーリー 17/20 (方向が絞られている分強さがありました)
キャラクター 16/20
グラフィック 13/20
音楽 7/20
システム 4/20
コストパフォーマンス+ 120%

計 (17+16+13+7+4)× 1.2 = 68 (完全にバックが足を引っ張ってしまいました・・・)

以上でレビュー終了です

ている・ている レビュー


ジャンク100円コーナーで発掘
ネタバレ部は同化させてあります

以下ストーリー感想
ゲーム内で進行する時間の中でゲーム以前からの問題を解決する、という流れ
主人公の過去や千影、ぼっこなどに関する詳細な掘り下げはありませんでしたが
キャラ同士の掛け合い
流れるような日常と緊迫した展開
そうしたものが混ざったストーリー全体の流れはとてもまったりしており
やり終えた後は非常にすっきりした感じでした
(チキについては仕方がないと割り切ったところがいくつかありましたが)
個別が短い(というかほとんどない)という点もありますが
そこは驚異のワゴン価格で割り切ってしまえるかもしれません


グラフィック感想
原画は蓮先生
2003年の絵と比べると違った印象を受けるかも
表情の変化、背景と立ち絵のマッチングが素晴らしいです

BGM/OP感想
まったりな雰囲気にあったBGMが多め
OPも聞く機会が少ないですが落ち着いた良曲です

システム感想
BGIのため動作は安定しています
セーブが50というのは人によっては少なく感じるかも
スキップの速度も問題ないですね
ただ、メッセージをエンターやクリックの連打で送っている人は突然の選択肢に対応できず一番上を選んでしまうことが何回か考えられますのでご注意を

以下総合評価
ストーリー 13/20
キャラクター 15/20
グラフィック 16/20
音楽 12/20
システム 15/20 (ここまでスムーズなものは珍しいかも?)
コストパフォーマンス+ 120% (ワゴン価格でよく見かけますがその価格であれば十分楽しめるでしょう)

計 (15+15+16+12+15)× 1.2 = 85

以上でレビュー終了です
TOPへ戻る
下記リンクをクリック
TOPへ戻る
プロフィール

Climina

Author:Climina
@climina1019
Gamemeter
erogamescape

検索フォーム
リンク
今後のモチベのためにも
簡単にバナー作ってみました
リンク先は
"http://slavtgr.blog.fc2.com/"
でお願いします



お世話になっている方
あきいろのへや
あんこい荘
武村さんと趣味の空間
ほろちんerg日誌

メーカーリンク
13cm Website 130cm Website Acaciasoft Website Active Website アクトレス AngelSmile Website ApRicoT Website Art Website 「ゴア・スクリーミング・ショウ」応援中! Cadath Website CALIGULA Website CDPA Website CRAFTWORK Website digi ANIME Corporation Website イージーオー Website ETOILE Website FAVORITE Website GA-BANG Website GROOVER Website Lilac Soft Website 【STEP×STEADY】応援バナー MBS TRUTH Website Meteor Website mirage Website Palette dark side Website RaM Website rouge Website Runesoft Website S.M.L Website SPIEL Website Spirit Speak Website スターリンク「ひとゆめ」 4月27日発売! Studio Mebius Website Studio Ring Website UNDEAD Website valhalla Website ANKH Website かすたーど Website すたじおみりす Website ちぇりーそふと Website ぱてぃしえ Website はむはむソフト|アダルトゲームソフトブランド mu Website ルピナス Website ファンサイトリンク
各種情報取り扱いサイト 町のチラシ屋さん
ゲームメーター
Climinaの最近やったゲーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。