FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンコインエロゲ

今回はワンコイン(500円)以内で買える(かもしれない)エロゲをピックアップ
始めたばかりの人のリスクが少し減るかも?
(購入金額は実際に買ったときの金額
購入日が古いものもいくつかありますが大きく相場は変動していないため見つけることは可能かと

(1)秋色恋華 (Purple software) ¥500
ジャンル:雰囲気
"朝飯感覚エロゲ"の代表
落ち着いた秋の雰囲気とそこまで急かされない展開はゆっくりプレイするのにオススメ
プレイ後はあまり後味の残らない気分転換用にキープしたい一本

(2)はっぴ~ぶり~でぃんぐ (Purple software) ¥380
ジャンル:雰囲気
(1)に続きパープルソフトウェアの作品
こちらは同居状態となりますのでより家庭内でのイベントが多くなります
一方でプレイ時間は少々短め、サクッと終わります

(3)Vie -いつかの夏の日。 (Sweet Basil) ¥180
ジャンル:シリアス、笑い等
このゲームはヒロイン毎に展開が大きく異なります
早紀シナリオは他と比べ飛びぬけていて
一方理恵子はそれと対峙するかのように・・・
幼馴染以外はそんなに長くないのでつなぎ要員or1本目として

(4)リアライズ (PLAYM) ¥470
ジャンル:シリアス
若者が精神を削り合う様子をバトルで描いた作品
エゴの力とは?というテーマはお見事
クリア後に改めてエゴとの向き合い方を考えさせられます

(5)AYAKASHI (ApRicoT) ¥500
ジャンル:燃え
アニメのようなOP、異能を操るキャラクター
演出の凝り具合は当時の中でも高い方でしょう
ストーリーは読みやすいですが人によっては長く感じるかもしれません

(6)ている・ている (CLOVER) ¥380
ジャンル:雰囲気
与えられた世界の中で飛び回るキャラクターが眩しいゲーム
動作も安定しており古いゲームながらプレイ環境を選ばないのもプラス
スポンサーサイト
[PR]

傀儡の教室HAPPYEND レビュー

教室ifシリーズ第二弾
ネタバレ部は同化させてあります

以下ストーリー感想
以前プレイした"贖罪の教室 BADEND"はifに留まらず
過去を掘り返したりということもあり高評価でした

一方今作ですが
薄い
傀儡の教室は分岐なしのエンディングでしたが
全キャラの視点を各時間帯毎に設けていたため分量は多めに感じました
一方こちらは
"プロローグ"→"暁メインで卒業後のパーティー、崩壊まで"
→"夕奈や睦月、清夜など他の部員の視点も交えながら同じところまで"
→"プロローグの後 (エンディング)"
で終了
全体的にも催眠エロが多めでストーリー的な謎要素などは一切なし
1周すると新しく出てくる選択肢を選ぶと
睦月と同棲する暁が見れる"誰も死なないエンド"に到達
これが本当の"HAPPYEND"だったんでしょうか?
しかしその割には分量が少なすぎました (あくまでおまけ程度?)

最後に暁が生きておらず娘にまったく同じ名前をつけていたことがわかった時はひっくり返りましたが
伏線回収というより先入観にしてやられた!という感じです

クリア後はパッケ絵が遺影に見えること間違いなしですね


グラフィック感想
原画は引き続き真木八尋先生
今回はナース服やよだれかけなど多彩なシチュがあったため
前作より明るくなった絵のイメージがより生かされています

BGM/OP感想
ボーカル曲なし
BGMは前作と同じのようなのでコメントなし

システム感想
格段に改善しました
まず(当たり前かもしれませんが)ウインドウモードでプレイできること
またバグもなくテキストは読みやすかったです
スキップ等は前作"傀儡の教室"と同じ
セーブスロットも十分
やっと古いゲームなりの要素が整ってくれたような気がします

以下総合評価
ストーリー 14/20
キャラクター 14/20 (暁先輩の悲痛さは増大しました)
グラフィック 12/20
音楽 10/20
システム 11/20
コストパフォーマンス+ 105% (タイトル通りの終わり方をしますがその分岐は本当におまけみたいなものです)

計 (14+14+12+10+11)× 1.05 = 64

以上でレビュー終了です

傀儡の教室 レビュー

rúfからリリースされた"○○の教室"シリーズ第二弾
ネタバレ部は同化させてあります

以下ストーリー感想
マルチエンディングではありません (ヘルプファイルにエンディングは1つと書いてありました)
その代わり同じ時間軸における別キャラの視点がきっちり詰めてあります
このスタイルは"贖罪の教室"よりもさらに密度の濃いストーリーを感じさせました

今作のテーマであった"催眠術"はその効果が年をまたいでも続いていたりとかなり強力
実際の催眠術についてあまり知識はありませんがそこまで強力なものなのでしょうか?
少々強すぎる力を前提としたストーリーの構築はクリア後の達成感をそこそこにしてしまいました

しかし前作の"イベントが偶発的に発生した結果信仰していくストーリー"という点は健在
今回は廃校内で様々な思惑が飛び交う中結果として復讐者の望むような結果となったのは偶然でしょう
(頭ぶつけて記憶喪失になる蒼穹先輩はどうかなと思いましたが)

エロは前作より多め
催眠で官能的になったヒロインが男を求めるシーンがほとんどです
シチュエーションも催眠のおかげでバリエーションを持たせてありました
これは"謎解き付きのエロ本"に近いです

まとめますと
全体的に"贖罪の教室"と比べるとエロ寄りとなったような感じを受ける作品
後に世に出る"仄かに視える絶望のmemento"と比べると謎解き要素は強め
(というよりはmementoがただの陵辱ゲーなのですが)
いくつもの要素を散りばめて謎解きをさせるのはお見事でしたが
そのトリックの多くを催眠に頼ってしまったため意外性などでイマイチ盛り上がれませんでした


なお一部紹介(パッケ裏)で"なんとかして脱出しようとするが、そのうちに一人また一人と猟奇的に殺されていく"
とありますが
廃校に閉じ込められてからは誰も死にませんし
猟奇的と言っても頭に矢が刺さるイベントのみ(しかもCGなし)ですので
少々盛っているのでは?と感じました


グラフィック感想
原画は真木八尋先生
"贖罪の教室"に比べるとCGは明るめなものが多く
コミカルなCGもいくつか見られました
体の描き方などは前作から大きく変化はしていません

BGM/OP感想
ボーカル曲はなし
BGMはどうやらジャズメインのようです
特にコメントはありません

システム感想
"贖罪の教室"に続きまたしても最大のネックとなってしまったポイント

セーブの個数は非常に多かったのですがストーリーの構成が細かく区切るスタイルだったので
そこまで多用することはないと思います (特定の状態をキープするメリットもマルチEDではないためありません)
オートパイロットは前作に引き続きそこそこの速度

改善点はエンターキーでメッセージが進められるところ
これは大きかったです

以下に問題点を列挙します
まずウインドウ化が不可能
フルスク派でない人は要注意です
(いちおうプレイ中にWindows+Dなどで画面切り替えはできますがゲームに戻ると真っ黒で続行不可能となります)
また互換性のある一部OSで文字が化けるバグが発生 (Link)
再インストールでも改善されませんでした
これはレジストリの記述も発見できなかったため原因を特定できておりません
今回はフルスクを嫌い別PC(Me)でプレイしていたのですが2度目の起動で本トラブルが発生し
仕方なく7の64bitに戻しました (そちらでは何回起動してもバグは発生しませんでした)
おそらくOS側のトラブルではないかと考えていますが、初回は何も問題なかったため疑問が残ります・・・

以下総合評価
ストーリー 16/20 (トリックの使い方は健在でした)
キャラクター 14/20 (重いキャラはそこまで多くないです)
グラフィック 13/20
音楽 10/20
システム 5/20 ("古い"が言い訳にならないシステム)
コストパフォーマンス+ 110% (ゲームに何を期待するかで変わるかもしれません)

計 (15+14+12+10+5)× 1.1 = 64 (載せる台がよくなかったですね)

以上でレビュー終了です

ぽっと -Rondo for Dears- レビュー



閉店まで2ヶ月という内容のゲームをリリースしたら2ヶ月後に親会社が倒産してしまいました
ネタバレ部は同化させてあります

以下ストーリー感想
ファミレスが舞台のゲームはいくつか有名なものもありますが
はじめから閉店が決まっている店舗の後始末を任されているという設定は特殊

主人公が正社員という立場なため
店の経営やイベントにもかなりしっかりした対応をとっています
展開も未亡人/バイト/後輩社員/社長令嬢という立場をしっかり生かしていました
一部ルートでちょっとドロドロな展開(三角関係)がありますが
後味が悪くなるものはありません
雰囲気を楽しみながらさくっとプレイできる作品の1つだと思います


グラフィック感想
原画は榊MAKI先生
のちにめろめろキュ~トで"ミンナノウタ"等も担当しています
口元の描き方は独特で氏の絵だとすぐわかります

BGM/OP感想
OPは"かけがえのない関係の終焉"というイメージでしょうか?
歌詞とストーリーの直接の関連を探すのは難しかったですが
それなりにテーマとは合っていたのではないかと
BGMはバリエーションがそこそこ充実しており
いかにも夏!って感じの"Stand in line"がお気に入りです

システム感想
セーブが100箇所あるので分岐やシーンごとのセーブで少なく感じることはないと思います
スキップも既読判定等使いやすく (一部既読のはずが未読になっていてスキップが止まることがありましたが)
全体の動作も安定していました


以下総合評価
ストーリー 13/20
キャラクター 12/20
グラフィック 14/20
音楽 16/20
システム 15/20
コストパフォーマンス+ 115%

計 (13+12+14+16+15)× 1.15 = 81

以上でレビュー終了です

追記
キャッシュサーバ先にもほとんどデータが残っていませんでしたが
別なところにページが残っていました
リンク

天使のいない12月 レビュー



ネタバレ部は同化させてあります

以下共通ルート感想
全体的に雰囲気は暗め
一般的な学園もののように見えますがまず肉体関係から、という作品
愛が通じ合って結ばれるというエンドもありません
ヒロインの過去を受け止めることもありません

ですがこれからの展開に期待を持てるような終わり方なので
クリア後の感覚は意外とすっきりしていました
一般的に鬱ゲーと言われていますが
おそらく一部ルートにおける友情(というより依存関係)の崩壊などを指しているのではないかと


グラフィック感想
原画はなかむらたけし先生とみつみ美里先生
崩れてしまうような弱さを持ったキャラの表情がいいですね

BGM/OP感想
OP/ED共にゲームの雰囲気を見事に表しています
ダークなイメージそのままのBGMもGoodです

システム感想
バックログがメッセージ系なので読みづらい以外は整っています
セーブは少なめですがストーリーもそこまで長くないのでよほどマメな人でない限り問題ないかと
アドベンチャー画面とノベル画面の使い分けもしっかりしていてわかりやすかったです

以下総合評価
ストーリー 15/20
キャラクター 17/20
グラフィック 13/20
音楽 13/20
システム 15/20
コストパフォーマンス+ 110%

計 (15+17+13+13+15)× 1.1 = 80

以上でレビュー終了です

Areas ~恋する乙女の3H~ レビュー



ネタバレ部は同化させてあります

以下ストーリー感想
このかとリィズと交わった後に瑞希との分岐が発生する流れ
その上瑞希とのイベントはこのか&リィズの波が去った後のためプレイ時間がだいぶ異なります
肝心のこのか、リィズルートは前作の方がよかったと思うレベル
強引な展開が多くみられました
新ヒロインの瑞希は余命二ヶ月を不思議なスーパーパワーで乗り切り本人が"ベニヤ板のようなもの"と言う始末
正直これだけ軽く済ませるなら必要なかったのでは?と思うくらいのとってつけた展開に驚きました
最初は甘々かなと思いながらプレイしていましたが全体的にはなんともいえない微妙な感じを残すことになりました


グラフィック感想
原画は宮坂みゆ先生
前作と大きな違いはありませんので公式サイト等でチェックしてから検討をおすすめします

BGM/OP感想
BGMは特に言及するところなし
OPの"closest love"はもったいないくらいの名曲でした

システム感想
前作からシステムは改良されて色々プレイしやすいようになっています
右クリックメニューの改善、セーブスロット72箇所、バックログがスクロール形式等々
しかしシーン転換がカクカクしており他が改善されたことで逆に目立つ結果に
ここも手が加わっていればシステムはほぼ完璧でした

以下総合評価
ストーリー 9/20
キャラクター 10/20
グラフィック 13/20
音楽 13/20
システム 15/20
コストパフォーマンス+ 90% (あえて買うならOP目的になるかも※)

計 (9+10+13+13+15)× 0.9 = 54 (土台がそこそこしっかりしていても載せるものがダメではやっぱりダメです)

以上でレビュー終了です

※補足
初回版に同梱されるマキシシングルのものと
fripSideのベスト盤に収録されているものとは少々異なるらしく
(ギターソロ手前のキーボード部分がカットされているようです)
ある意味唯一"Full"が収録されているCD、ということになっています
TOPへ戻る
下記リンクをクリック
TOPへ戻る
プロフィール

Climina

Author:Climina
@climina1019
Gamemeter
erogamescape

検索フォーム
リンク
今後のモチベのためにも
簡単にバナー作ってみました
リンク先は
"http://slavtgr.blog.fc2.com/"
でお願いします



お世話になっている方
あきいろのへや
あんこい荘
武村さんと趣味の空間
ほろちんerg日誌

メーカーリンク
13cm Website 130cm Website Acaciasoft Website Active Website アクトレス AngelSmile Website ApRicoT Website Art Website 「ゴア・スクリーミング・ショウ」応援中! Cadath Website CALIGULA Website CDPA Website CRAFTWORK Website digi ANIME Corporation Website イージーオー Website ETOILE Website FAVORITE Website GA-BANG Website GROOVER Website Lilac Soft Website 【STEP×STEADY】応援バナー MBS TRUTH Website Meteor Website mirage Website Palette dark side Website RaM Website rouge Website Runesoft Website S.M.L Website SPIEL Website Spirit Speak Website スターリンク「ひとゆめ」 4月27日発売! Studio Mebius Website Studio Ring Website UNDEAD Website valhalla Website ANKH Website かすたーど Website すたじおみりす Website ちぇりーそふと Website ぱてぃしえ Website はむはむソフト|アダルトゲームソフトブランド mu Website ルピナス Website ファンサイトリンク
各種情報取り扱いサイト 町のチラシ屋さん
ゲームメーター
Climinaの最近やったゲーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。