FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蔵の中はキケンがいっぱい!? レビュー


今では"パッケージ詐欺"と言う方も多いでしょう
ネタバレ部は同化させてあります

以下ストーリー感想
田舎が舞台ということで、閉鎖空間が活きるかと思われましたが
ここではそういった関係はあまり表に出ず
もっと限られた人間の間で起こる心情の変化がメイン
元々素質のあった人達が変貌していく様子は見ていて飽きず
捨て設定もあまり感じられませんでした

結衣の一部ルートでの特に何の報復もなく消える様子は
プレイヤーにある意味での強烈なインパクトを残しますし
亜季が終始されるがままというのは内容をある程度予想していても
読むことは難しいのではないでしょうか

惚れた男の暴走
あまりにも一直線な独占欲
支配者の交代とその過程
短いながらもグチャグチャに混ざっていく様子が詰まった作品でした


グラフィック感想
原画はシルエットさくら氏
ところどころハイライトがなかったりとヤバさを感じる部分が多いです
CG、立ち絵の統一感はあまりなく
人によっては雑と受け取るかもしれません

親子丼はもっとキツいものかと思っていましたが
CGにはそこまで表れていなかったような気がします


BGM/OP感想
ボーカル曲はデモムービーのみ
かなり軽い感じの曲でこれも雰囲気を騙すのに一役買っています

BGMは半数以上がダークなもの
クリアするとその割合も納得します


システム感想
ビジュアルノベルタイプでテキストが画面いっぱいに表示されるタイプ
セーブスロット、スキップなど基本要素に加え動作の安定性もバッチリ
クイックセーブはないものの直前の選択肢に戻れるので中/外の差分回収も楽
唯一気になったのはバックログから"EXIT"を押さないと戻れない点でしょうか
それ以外はプレイに支障をきたす要素もなく快適にプレイが出来ました

以下総合評価
ストーリー 16/20
キャラクター 17/20
グラフィック 13/20
音楽 12/20
システム 15/20
コストパフォーマンス+ 115%

計 (16+17+13+12+15)× 1.15 = 84

以上でレビュー終了です
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

魔法少女アイ参 レビュー


巷では結構有名なゲーム
ネタバレ部は同化させてあります

以下ストーリー感想
"なんという丸投げ感"の一言
明らかに続きを予感させる感じで終わっていました
以前似たエロゲがあったという話はしましたが
こちらの場合はメーカーが存続しているのに
なぜそこまでしなかったのか・・・
これが単発作品であればただの駄作というレッテルを
貼られるだけで終わったかもしれませんが
既に2作発売されている作品の〆がこれでは
ファンの方々が嘆くのも仕方がないかな
ということを感じました
2.5(3のプロローグ)というポジションならまだマシだったかもしれません


グラフィック感想
原画は黒木雅弘氏
まず少ないですね
アペンドなしでは両手の指で足りるくらいというのは本当でした
アペンドを入れることで敵のグラフィックも表示され
よりそれっぽいシーンは増えるのですが
いかんせんストーリーが短いためそこまで幅を感じることもなく
終わってしまった、という印象が強いです

BGM/OP感想
ボーカル曲はなし
OPも流れることはなく
BGMは曲名すら与えられず(アペンドなし)

印象に残らない要素が満載という感じでした

システム感想
Ctrl既読スキップ非対応
アペンドなしではCG、回想モードなし

以上の2点を除けばリリース年が比較的新しいということもあり
特に大きな問題は起こりませんでした
セーブスロット数は28と他ゲームに比べると少なめですが
この分量なので特に困るということはありませんでした

以下総合評価 []内はアペンドディスク適用後のスコア
ストーリー 4/20 (最早"つなぎ"要員では?)
キャラクター 6/20 (魅力がどうこう、という部分が見えてこない分量の薄さ)
グラフィック 5[7]/20
音楽 10/20
システム 9[11]/20
コストパフォーマンス+ 90% (フルプラに値しないことは間違いありません)

計 (4+6+5[7]+10+9[11])× 0.9 = 31[34]

以上でレビュー終了です

サンタフル☆サマー レビュー


ネタバレ部は同化させてあります

以下ストーリー感想
サンタが街に降ってきた!というところから始まるお話
・・・ですがそこまでサンタサンタしておらず
甘いイベントのためにあったんじゃないかな程度に感じました
個別含めストーリーもあまり重くなく
キャラとの掛け合いを楽しむ程度のもの、と捉えれば
満足できるのではないでしょうか


グラフィック感想
原画はPikazo氏、のりたま氏、うすめ四郎氏の計3名の方々
キャラごとのバラつきはあまり感じられず
シーン数も1キャラあたり4つ以上と意気込みのほどが感じられます

少々気になったのは初花の表情差分
いくつか乱れているようにも見えました

BGM/ボーカル曲感想
OP/ED共にボーカル曲
OPの"サンタフル☆day"はアップテンポの曲
ベースラインも跳ねるようでポップな雰囲気にぴったりです
EDの"Hello again"はEDとしてはよくあるバラード
これといって特筆することはありません

BGMはコミカルなものからしっとりしたものまで幅は十分でした
ですが、これが心に残る!というほどのものはありませんでした

システム感想
比較的新しいゲームと言うこともあり
プレイにあたって必要なところはバッチリ
演出強化パッチで立ち絵がより細かく動くようになることも含め
十分な性能と言えるでしょう

以下総合評価
ストーリー 13/20
キャラクター 15/20
グラフィック 15/20
音楽 13/20
システム 15/20
コストパフォーマンス+ 105%

計 (13+15+15+13+15)× 1.05 = 75

以上でレビュー終了です

つくとり レビュー


"螺旋回廊"、"贖罪の教室"、"セイレムの魔女たち"、"ユメミルクスリ"などで有名なrúfの最終作
ネタバレ部は同化させてあります

以下共通ルート感想
まず大きなイメージとして"常識の通用しない閉鎖空間"という点
更にムラ社会の濁った一面を徹底的に見せつけてくる展開
謎だけでなくその世界観においてもプレイヤーを追い詰めてきます
次々と生まれる"謎"は一見すると現実では起こり得ない出来事ばかりに見えます
これによりプレイヤー側が常に人や物を疑うようにプレイすることになり
登場人物全員に裏があるのでは?と探るのは飽きません


以下個別ルートの感想
月鳥の姫編 (月に答へて鳥討たばさざめく森の姫が哭く編)
綺子、韵兄妹をピックアップしたルート
月鳥町で行われてきた長老を頂点とした権力社会の縮図を
イヤという程見せてきます
特に"兄妹の過去 (真章)"、"西沢のおばあちゃん (左記の一部)"、"ルルの裏切り"
は特にその最たるものだったのではないかと
圧倒的な上下関係の前では親友ですら裏切る
たまったもんじゃないですね
このように、その力を思う存分ふるうタカコ
そのタカコがつくとりを崇拝しているかというと実際はそんなことはなく
名前を利用してただ粛清を続けるという大変"頭の良い"長老
一族の過去を捨てようと必死な様子は裏を知ると滑稽にも見えます

真章における違いは"久十生がいるかいないか"
脱出や事件の解決で大きな役割を果たします
最後は対話を呼びかけ未来を感じさせるエンド
このまま終わってもよかったのですが・・・


鬼子来る編 (堅州国より鬼子くる三度殺めて櫃に入れ)
森下姉妹の過去にスポットを当てたパラレルストーリー
"リリ"の存在を匂わせつつもはっきりとさせない展開は
常にプレイヤーの意識をそちらに向けさせる手段として有効
親子関係の裏側、弥生が靜眞を殺さなければいけなかった理由
後編の序盤にはそういったものが詰め込まれていました
一方でルルについては唐突に感じる点が残ってしまう形に
火をつけた後突然豹変したことやラストで急に前面に出てきた一面など
ルル視点があればこの急激な変化をもっと緩く捉えられたのではないかと思います


八鏡編 (神代のしずく絶えつとき八鏡が朱に染まる)
研究所内部をメインとしたパラレルストーリー
グリューン視点をメインとして進みます
フォレストやキリィが殺害される経緯や
ラルースの死の真相がここで明らかに
グリューンの過去(グリーン・フォークとの出会い)についても触れられており
この辺は本編での行動を補完するものとして十分な内容でした

一方で、このルートでのみ独自に動いていた(いることが判明した)準
彼女や杳にまつわる新事実は上記とは異なり付け足し感が強め
この後の神代編でその設定は生きてくるのですが最後までとってつけたような
印象は拭えませんでした
(これらによってスケールが想像以上に大きくなっていったというのも関係していますが・・・)


神代編 (風の淵に焔立つ万世、千代にと神無名満つ)
月鳥の姫編のその後を描いたもの
ここでも新要素が次々と登場します
おそらく久十生をラスボスとするための追記だと思うのですが
この部分が必要であったかと言うと前述の準の設定と同様で
"あってもなくてもよい"と感じてしまいます
この部分だけで急に膨らんでしまった印象が強いので
"愛護の会"関連をもう少し月鳥の姫編で絡ませてほしかったです

ミーナの設定だけは少々飛びぬけていた感じが
他の方法もあったのではないかなと思いました
(ミーナの立ち絵の出番はこのシーンのみでしたし)


総評
謎をプレイヤーに提示し複数視点でそれを紐解いていく過程はバッチリ
またそれらが引き起こされる空間において発生する
"我々が不条理と感じるもの・こと"が次々と襲ってくる様子は
それをメインの題材としていなくとも
田舎というものに対して肯定的なイメージを持っている人に対する
"最悪の提示"というアプローチが可能と思われます

また、様々な宗教が絡み合う部分については
後半で付け足されたように出てくる展開でなければ
それぞれの信条のぶつかり合いからより惹きこまれるイベントが生まれたのではないかと
ただ、選択の自由の重要性は強く再認識させられました


グラフィック感想
原画はぼうのうと氏
目をあまり大きく描かないキャラは可愛いを前面に出しておらず
逆に作品の雰囲気をかみ合っていました
ただ、絵そのものがあまり安定しておらず
いくつか気になるCGがあったのは少し残念です

立ち絵そのものに関しては、ミーナなどもう少しどうにかなったのでは・・・
と思うキャラが数人
表情の変化もそこまで苛烈ではないため絵単体では単調に感じるかもしれません

ボーカル曲感想
OP/ED共にボーカル曲
OPの"ひとひら"は和を意識させるサウンドと歌い方が
古くからの街並みをイメージさせてくれます

EDの"ありがとう"はタイトル通り感謝の曲
あまりゲームの中身と強烈にリンクしている内容ではありませんが
〆を飾るにふさわしいつくりとなっています


システム感想
2007年のゲームということもあり比較的動作は安定しています
強制終了やフリーズもありませんでした
セーブスロットも約100あるので余程でなければ十分足りるかと
超凝った演出などはありませんが一通り必要なものがまとまっている、という感じです

以下総合評価
ストーリー 18/20 (題材は◎、付け足し感がなければもっと・・・)
キャラクター 15/20 (個としての印象は薄め、もっと活かせていたかも)
グラフィック 12/20 (好き嫌いを選ぶと思います)
音楽 14/20 (ボーカル曲はどちらも聞き入るタイプで沁みます)
システム 14/20
コストパフォーマンス+ 120% (サスペンスというテーマはお見事)

計 (18+15+12+14+14)× 1.2 = 88 (まだまだ化けたかもしれないですね)

以上でレビュー終了です

ピンポンぱんつ!-湯河原学園美少女☆温泉卓球部- レビュー



2016年8月現在ACTRESSの最終作
ネタバレ部は同化させてあります

以下ストーリー感想
エロに燃える主人公の熱血青春ストーリー
という程のボリュームもなく
そこまでアップダウンもありません
個別で妊娠疑惑やヘタレをこじらせた温泉卓球勝負などありますが
ここがポイント!というところは見つけられず
エロメインという印象を受けました
主人公は全体的にアホをやって総ツッコミを喰らう立ち位置なので
笑って流す心は必要かもしれません



グラフィック感想
原画は千葉千夏氏
ところどころ首の角度など違和感が残りますが
過度に"可愛い"を攻めていない絵は大人びた印象を受けます

BGM/OP感想
OP/ED/挿入歌と3曲揃えています
中でも挿入歌の"ピンポンぱんつ体操 -行け! 温泉卓球部!-"(上記リンク)は秀逸
"体操"と名がつく割にそこまで気合の感じられないサウンド
公開されているムービーでは全く曲とリズムの合っていない振付
などある意味で見どころのある曲です
曲単体として見てもボーカルがソフトで癖になります

BGMは20曲弱程用意されていますが
挿入歌のインパクトが逆に強くてあまり印象には残りませんでした

システム感想
ACTGSという独自のシステムを使用
セーブスロットはストーリーの長さに対して十分用意されているかと
スキップも未読オンリースキップのおかげで周回は非常に楽でした

一方でバックログは"メッセ"と"ログ"が混在するという違和感の残る形
過去のACTRESS作品(虹を見つけたら教えて。など)ではメッセージ形式のバックログだったため
これが残っているものと思われますが、統一はできなかったのでしょうか・・・

以下総合評価
ストーリー 11/20
キャラクター 12/20
グラフィック 13/20
音楽 14/20
システム 13/20
コストパフォーマンス+ 105%

計 (11+12+13+14+13)× 1.05 = 66 (数こなした人には物足りなく感じるかもしれません)

以上でレビュー終了です
TOPへ戻る
下記リンクをクリック
TOPへ戻る
プロフィール

Climina

Author:Climina
@climina1019
Gamemeter
erogamescape

検索フォーム
リンク
今後のモチベのためにも
簡単にバナー作ってみました
リンク先は
"http://slavtgr.blog.fc2.com/"
でお願いします



お世話になっている方
あきいろのへや
あんこい荘
武村さんと趣味の空間
ほろちんerg日誌

メーカーリンク
13cm Website 130cm Website Acaciasoft Website Active Website アクトレス AngelSmile Website ApRicoT Website Art Website 「ゴア・スクリーミング・ショウ」応援中! Cadath Website CALIGULA Website CDPA Website CRAFTWORK Website digi ANIME Corporation Website イージーオー Website ETOILE Website FAVORITE Website GA-BANG Website GROOVER Website Lilac Soft Website 【STEP×STEADY】応援バナー MBS TRUTH Website Meteor Website mirage Website Palette dark side Website RaM Website rouge Website Runesoft Website S.M.L Website SPIEL Website Spirit Speak Website スターリンク「ひとゆめ」 4月27日発売! Studio Mebius Website Studio Ring Website UNDEAD Website valhalla Website ANKH Website かすたーど Website すたじおみりす Website ちぇりーそふと Website ぱてぃしえ Website はむはむソフト|アダルトゲームソフトブランド mu Website ルピナス Website ファンサイトリンク
各種情報取り扱いサイト 町のチラシ屋さん
ゲームメーター
Climinaの最近やったゲーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。